新中学1年生 プレレッスンを終えて

花冷えが続いており,教室前の疎水の桜も満開が待ち遠しい今日この頃です。

3月末の新中学1年生のプレレッスンでは,8名の生徒さんを迎え,和気藹々とした楽しい雰囲気でした。

まずはアルファベットの音と文字の関連性から,アルファベットの書き順,大文字・小文字をスラスラ書けるように,2日間に渡りレッスンを行いました。

アルファベットくらい…と思われるかもしれませんが,それは大間違いで,アルファベットをキチンと正確に発音できることで,英単語のスペルと音との関連を考え,正確にスペルを綴ることができるようになるのです。 昨今の生徒さんを見ていて痛感することは,単語が覚えられない,書けない生徒さんはほとんどこの発音がおざなりになっているのが大きな原因だということです。 脳が柔らかく,初めて英語を学習することに興味津々のこの新中学1年生の間に,どんどん英語を発音し,スペルを意識して単語を書いて書いて書くことが,これからのListening, Reading, Writingにも大きく影響してきます。

新中学1年生の皆さん,どうかこの4月の始まりを大切に,まずは英語を一生懸命発音することから始めてみてください!

任せて安心の寺子屋英語教室

寺子屋は、京都伏見の京阪藤森駅から徒歩1分のところのある西休寺で教室を始めて今年2019年で、49年目を迎えます。現在指導するのは、寺子屋を卒業した約20年以上の指導歴を持つ専任スタッフです。授業は、少人数制(10名)で、時間が経ったら終わりではなく、分かるまで覚えるまで徹底指導しています。一人の人間が何者かになろうとする自己生成の多感な時期に、英語指導を通して、その人の礎を築こうと、愛情と粘りと心意気で、生徒さんと日々向き合っています。